FC2ブログ

スペシャルドリンクで暑い夏を乗り切る ~神奈川校U−12 25番・杉山旦(あさひ)選手~


s_DSC_4532.jpg

7月に入って、まもなく夏も本番となります。アスリートにとっては、どの季節でも水分補給は大切なものですが、特に夏場は熱中症のリスクも高くなり、より一層の注意が必要です。

s_DSC_4686.jpg

神奈川校のU−12で副キャプテンを務める25番・杉山旦(あさひ)選手は、サッカーのときのドリンクにひと工夫しています。

s_DSC_4782.jpg

「少し塩を混ぜた麦茶を用意しています」と教えてくれました。塩分の濃度は、杉山選手自身が、その日の体調に合わせて、飲みやすいように調整します。

s_DSC_4794.jpg

なるほど、水分+ミネラルに塩分も含んで熱中症予防にも有効というわけですね。

s_DSC_5016.jpg

スポンサーサイト

新学期スペインで活躍するために、夏休みは日本でレベルアップする ~神奈川校U−14 7番・川田徳周選手~

6月29日(土)の神奈川県クラブジュニアユース(U-14)サッカーリーグ(対ロボスフットボールクラブ)から、スペインに留学中の7番・川田徳周選手がチームに合流しました。s_DSC_6038.jpg
s_DSC_5874.jpg
「日本での試合は特別なものがあります。(未成年の国際移籍に関する)FIFAの規定があるので、スペインではあまり試合に出られないからです。そのため試合勘がなくなってしまうので、帰国して試合に出るというのは、自分にとっては大切なことなんです。一つひとつの試合を大事にしていきたいと思います。今日はドリブルやラストパスで持ち味を発揮できました。でも、日本に帰ってきてすぐに試合に出させてもらって、みんなにちょっと悪いなという気持ちはありましたね」(川田徳周選手)
s_DSC_5778.jpgs_DSC_5977.jpg
現在は一時帰国中の川田選手。9月になれば新学期が始まるためスペインに戻ります。
今度JGFAのみんなに会えるのは冬休みです。s_DSC_5939.jpgs_DSC_6128.jpg
「来期からはスペインでも試合に出場できるので、この夏休みに日本でレベルアップしたいと思っています。スペインで覚えた『スペースをつくりながらスペースに出す』というパスサッカーを、JGFAのみんなに伝えることができたらいいですね」(川田徳周選手)
s_DSC_5846.jpgs_DSC_6211.jpg
今年の夏は日本の仲間との時間を大切にしながら、思い切りサッカーを楽しんで、自分自身の成長へとつなげてもらいたいものです。

【神奈川校 U−14】ロボスフットボールクラブ戦(神奈川県クラブジュニアユース(U-14)サッカーリーグ) (06/29)

6月も後半に入り梅雨も本格化してきました。
29日(土)も小雨が降ったり止んだりしていましたが、神奈川県クラブジュニアユース(U-14)サッカーリーグが開催されました。s_DSC_5796.jpg
あいにくの天気のなか、選手たちは朝8時の早い集合時間でしたが、ウォーミングアップから充実した表情で取り組んでいました。s_DSC_5739.jpg
s_DSC_5815.jpg
s_DSC_5830.jpg
選手たちは、試合に入ってからも積極的に動き回ると、前半はキャプテンの18番・千葉龍乃介選手が先制点を奪い、後半になってからは、44番・木村謙介選手と7番・川田徳周選手がゴールを決め、3-0で完封勝利しました。s_DSC_6010.jpg
s_DSC_5997.jpg
s_DSC_5868.jpgs_DSC_6096.jpg
この日もJGFAは“4-2-3-1”のシステムを採用。前半はセンターバック、後半はトップの位置についたのは5番・竹村敬汰選手です。s_DSC_6015.jpg
s_DSC_5865.jpg
「前半は守りを意識しながらも、ボールが自分のところに来て『行ける!』と思ったときは積極的に前に出るようにしました。後半は裏に抜ける動きを意識していました」(竹村敬汰選手)s_DSC_6071.jpg
竹村選手は豊富な運動量を武器に、前半は的確なカバーリングで相手の攻撃の芽を摘むと、後半はアタッカーとして存在感を見せていました。s_DSC_6174.jpg
「今日の試合(対ロボスフットボールクラブ)を振り返ってみると、空いているところにパスを出すことができたのと、サイドから俊太郎(39番・野渡俊太郎選手)がボールを持ってあがったときに受けることができたのが良かったところです。ただ、後半に、ゴール前で切り返したときパスを選択してしまったので、そこでシュートを打っておけばよかったと思っています」と竹村選手は反省点も口にしていました。
s_DSC_6195.jpg
s_DSC_6220.jpg
チームは3得点したとはいえ、フィニッシュの部分に課題が残ったのも事実です。選手たちは試合後にも浮かれることなく、ミーティングでエミルコーチ、北中コーチの言葉に熱心に耳を傾けていました。

みんなが積極的に発言するチームを目指して~神奈川校U−14 キャプテン 千葉龍乃介選手~

今年度、神奈川校のU−14でキャプテンマークを腕に巻くのは、18番・千葉龍乃介選手です。s_DSC_5720.jpg
「(僕は)キャプテンは初めての経験ではないので、そんなにプレッシャーを感じることなくスタートできました。このチームは中学2年生と1年生で構成されていることもあり、最初(4月)のうちは練習中にふざけるようなこともありましたが、最近はみんなの意識が高くなってきたと感じています。それは、自分も含めて、2年生が積極的に1年生に接してきたからだと思います。キャプテンは、チームをまとめることが一番の仕事ですので、練習や試合中に限ることなくピッチの外でも積極的に声をかけるようにしています」
s_DSC_5433.jpg
そういえば、23日の試合後のミーティングでは、自分の考えや気づいた事を意見する千葉選手の姿が見られました。
s_DSC_5710.jpg
「別に誰か(親やコーチ)にそうするように言われたから発言しているのではありません。自分に考えがあれば黙っていないで意見した方が上達につながると考えたからです。チーム内にも浸透すればいいなと思います。いまチームは公式戦(神奈川県クラブジュニアユース(U-14)サッカーリーグ)で2連敗していて難しい状況ですが、少しでも上の順位にいけるように、みんなでがんばっていきたいです」
s_DSC_5530.jpg
s_DSC_5653.jpg
伊勢原FCフォレスト戦では良いプレーもあっただけに負けて悔しいという千葉選手でしたが、すぐに気持ちを切り替えて、次節のロボスフットボールクラブ戦に向けて気持ちを引き締めていました。
s_DSC_5332.jpg

【神奈川校 U−14】伊勢原FCフォレスト戦(神奈川県クラブジュニアユース(U-14)サッカーリーグ)


6月23日(日)に「神奈川県クラブジュニアユース(U-14)サッカーリーグ」が伊勢原市立石田小学校であり、伊勢原FCフォレストと対戦しました。

s_DSC_5384.jpg

試合はJGFAが9番・門脇歩選手のゴールで先制しましたが、前半のうちに伊勢原FCフォレストに追いつかれてしまうと、後半になってもその流れを断ち切ることができず、1-3と点差を広げられてしまいます。s_DSC_5619.jpg

けれども劣勢な状況にも、JGFAの選手からは、相手からボールを奪おうと立ち向かう姿を見ることができました。

s_DSC_5692.jpg

s_DSC_5684.jpg

s_DSC_5671.jpg

そんな「負けたくない!」という強い気持ちが実ったのでしょう。前線でプレッシャーをかけ続けていた44番・木村謙介選手のゴールが決まりました。

s_DSC_5634.jpg

1点のビハインドとなり、なんとか追いつきたいところでした。しかし、前がかりになっていたところに伊勢原FCフォレストのカウンターを受けてゴールを決められてしまいます。結局、2-4のスコアでタイムアップ。選手たちにとっては悔しい敗戦となりました。

s_DSC_5493.jpg

s_DSC_5417.jpg

試合を終えて、ゴールキーパーの1番・鈴木健介選手は次のように振り返りました。

「先制点は、9番のあゆむ(門脇歩選手)が相手キーパーの動きをよく見ていて、思い切りの良いシュートだったと思います。前半は苦しい時間が多かったのですが、みんな最後までボールを追いかけ、奪ってからビルドアップができていました。ただ、相手のプレッシャーがきつかったことで、苦しまぎれにボールを蹴ってしまうことが多く、走らさせられて体力を消耗していました。失点はコミュニケーション不足や判断の遅れが原因のひとつだと感じました。今後の練習で解消していきたいです」

s_DSC_5571.jpg

次週(6月29日 土曜日)は、厚木市の酒井スポーツ広場でロボスフットボールクラブ(横浜市)と対戦です。鈴木健介選手は「次は良い試合をして勝ちたいです。相手はフィジカルがあるので、そこを警戒しながら、どんどんゴールを狙っていければいいと思います」と力強い言葉で結んでくれました。

s_DSC_5457.jpg

プロフィール

日独フットボール・アカデミー

Author:日独フットボール・アカデミー
日独フットボール・アカデミーはブンデスリーガの名門、SVヴェルダー・ブレーメンと提携、選手が世界で活躍するために必要な3つの要素、「パフォーマンス」「タフネス」「チャンス」を手にする為に必要な環境を備えたアカデミーです。

ホームページ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR