FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第7回 "神奈川校 第2回練習会を終えて"

こんにちは。
日独フットボール・アカデミーの星野です。
昨日、5/14(日)に神奈川校の2回目の練習会を行いました。

1回目の5/7(日)と同じく、3~4年生は「サイド攻撃からシュートまで」、5~6年生は「センター攻撃でシュートまで」をテーマとしました。

日独フットボール・アカデミーが提案する『ゲームリアル』です。
練習の為の練習ではなく、試合で生きる為、生かす為に必要な練習という事です。

◆3~4年生
①ワンタッチでのプレーを意識して、中央の選手からサイドの選手が走る進行方向にしっかりと強いパスを出し、受けたサイドの選手はタッチラインを目掛けてトラップし、中で待ってる選手にセンタリングを出し、中の選手はダイレクトでシュートを打つ。

②サイドの選手にディフェンスを1人つかせて、①のようにセンタリングにするか、もしくは相手ディフェンスをかわして中へ切り込んでシュートを打つ等、状況に応じたサイド攻撃の練習を行いましたが、大事なのは、サイドの選手がボールを受ける際に中へ入って来るのではなく、サイドラインのギリギリまで広がって中央の選手に進行方向にパスを出してもらう要求をする事と、ワンタッチでタッチライン目掛けてトラップする事です。
そこには、距離感と深さが大事となります。

③最後は①②を意識してフォーメーション形式での5対5のゲーム行いました。

神奈川校練習会(2017年5月14日)3、4年生

◆5~6年生
①3対1の状況で2人がパスを繋ぎ3人目がディフェンスを背負いながらポスト(くさび)となりパスを受けてシュートを打つ。打てなければシンプルに2人のどちらかに落としてシュートを打たせる。

②4人組がフリーな状態で、ボランチの選手からサイドの選手、サイドの選手からトップの選手にパスを回し、トップの選手はディフェンスを1人背負いながらシュートを打つ。打てなければシンプルに落として味方にシュートを打たせる。
その際に大事なことは、トップの選手は相手ディフェンスから消える動きをしてからボールを受ける事。
パスを回す選手は常に前を向いた姿勢でボールを受け、しっかりと味方が受けやすく正確で強いパスを出す事。

③最後は①②を意識して6対6のゲームを行いました。
大事なことは3~4年生と同じく距離感と深さ、タイミングを意識してほしいということです。

神奈川校練習会(2017年5月14日)

練習の始めは3~6年生は、今までにやった事がない練習内容だったようで戸惑っている選手達も多くいましたが、時間が経つにつれて選手の皆が徐々に理解して、楽しみながら思いっきり一生懸命に練習に取り組んでいる姿を見て本当に嬉しく思いました。
そして、練習後には選手の皆には、イキイキとした表情で、「本当に楽しかった!」「 また教えてほしい!」 等の感想を言って頂けて物凄く嬉しくなりましたし、自信にもなりました。

5/7、14の神奈川校の練習会では、シュタルフ悠紀コーチとシュタルフ浩大コーチ、坂本アシスタントコーチと次郎アシスタントコーチが、ドイツ式の育成・指導方法として数百通りの練習パターンがあるうちの1パターンを行いましたが、日独フットボール・アカデミーは練習の為の練習ではなく、試合で生きる為、生かす為の、ドイツ式の育成・指導方法として『ゲームリアル』に拘って行きたいと思います。

5/7、14の練習会に参加して頂いた選手達、そして、他にも日独フットボール・アカデミーで練習してみたいと思っている選手や、挑戦してみたいと思っている選手、1人でも多くの選手達に、日独フットボール・アカデミーのセレクションに参加して頂けると嬉しいです。

日独フットボール・アカデミー神奈川校のセレクションは、5/28(日) にShonan BMWスタジアム平塚にて開催いたします。

セレクションの応募は当アカデミーホームページより受付しております。
応募はこちらから→【セレクションお申し込み

なお、神奈川校セレクションの応募締め切りは5/22(月)となっております。

1人でも多くの挑戦者に会える事を楽しみにお待ちしております。
スポンサーサイト

第6回 "神奈川校 第1回練習会を終えて"

こんにちは。
日独フットボール・アカデミーの石川です。
5月7日(日)に、5月28日(日)に予定しております「日独フットボール・アカデミー神奈川校セレクション(場所:Shonan BMW スタジアム平塚)」に先立ちまして、ドイツの育成・指導方法を体験していただきたく練習会を実施させていただきました。

参加していただいた選手、保護者の皆様、GWの最終日の夕方からという日程にも関わらず参加していただき、ありがとうございました。

日独フットボール・アカデミー(以下、「JGFA」と呼びます。)の掲げるドイツの育成方法、指導方法を小学3年生から6年生まで17名の選手たちに体験していただきました。

練習は「アタッキングサードでの仕掛け」をテーマに3、4年生と5、6年生の2グループに分け行いました。

3、4年生はサイドでの1対1をサイドでのワイドと高い位置を意識したポジショニング、動きの中からスペースでボールを受けること、そしてファーストタッチでの持ち出しをキーファクターに行いました。
JGFA神奈川校第1回練習会(5月7日)


5、6年生は中央での1対1をピッチ中央での深さを取ること、動き出し(ボールの要求)、無理な場合はシンプルにはたくというトレーニングを行いました。
JGFA神奈川校第1回練習会(2017年5月7日)


2グループとも共通した点は、試合の中で起こるシチュエーションを常に頭に入れトレーニングを行うことです。
いくら練習しても試合で使えないのでは意味がありません。

参加していただいた選手たちからは「楽しかった」「もう一度参加したい」という声を聞け大変嬉しく思っております。
また保護者様からも大変有意義な練習会だったと嬉しいお言葉をいただきました。

5月14日(日)に第2回練習会をかもめパークフットサル場にて実施します。
5月28日(日)には、Shonan BMWスタジアム平塚にて、日独フットボール・アカデミー神奈川校のセレクションを開催します。
より多くの選手にドイツの育成方法・指導方法を体験していただきたいと思っております。

5月14日の第2回練習会は下記「お問い合わせ」フォームより受付しております。
【お問い合わせ】

なお、お問い合わせフォームには下記項目を記載のうえ、お申込みいただきますようお願いいたします。
・氏名欄:応募者(選手名)
・メールアドレス欄:保護者の方のメールアドレス
・お問合せ内容欄:応募者の現在の学年、現所属チーム名(所属されている方のみ※)
参加希望日、保護者氏名(ふりがな)、本人との続柄、郵便番号、住所、
電話番号(自宅及び携帯)※他チームに所属されている方も参加可能

5月28日のセレクションについては下記「セレクションお申し込み」フォームより受付をしております
【セレクションお申し込み】

スタッフ一同、多くの選手たちの参加を心よりお待ちしております。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。