FC2ブログ

【神奈川校 U−14】VONDS市原FC戦(トレーニングマッチ) (8/11)

8月11日(日)、神奈川校U-14 は、千葉県市原市(八幡公園球技場)に遠征し、VONDS市原FCのジュニアユースと対戦しました。s_DSC_8508.jpg
◆8月11日(日)神奈川校U-14 結果
※25分×3セット
1本目:JGFA 0-0 VONDS市原FC
2本目:JGFA 1-0 VONDS市原FC
3本目:JGFA 3-4 VONDS市原FC
s_DSC_8251.jpg
――それは試合後のことでした。

「あぁ~、ゴールがしたかったなぁ~!!」

そんな声がJGFAのベンチから聞こえてきたのです。
声の主は40番・藤森柊(ふじもりしゅう)選手でした。
s_DSC_8327.jpg
「今日は決定機を2回もはずしてしまい悔しかったんです。最初は、リュウノスケ(18番・千葉龍乃介選手)に良いボールを入れてもらったのですがシュートを浮かしてしまいました。次はケイタ(5番・竹村敬汰選手)かノリ(7番・川田徳周選手)からのボールで……僕がニアに走り込んでいたら良かったんです」

この日、藤森選手はフォワードのポジションにつくと、アタッカーとして、またファーストディフェンダーとして、JGFAの前線でボールを追い続けました。
s_DSC_8325.jpg
「相手チームのビルドアップのときには、僕がしっかりとプレスをかけることでインターセプトのきっかけになるように心がけています。でも、まだまだ体力が追いつけていないというか、バテてしまうところがあるので、しっかりと力をつけていきたいです。相手選手がプレッシャーに感じるような存在になれたらと思います」

走ることが好きだという藤森選手。JGFAの活動がない日には、よく近所の公園のまわりを走っているのだと教えてくれました。
s_DSC_8457.jpg
「今年の夏休みはたくさん遠征をして、これまで対戦したことのないチームと試合をしていますが、相手チームはしっかりパスが回っていて、プレスも落ち着いているし、パスを出すときも集中していると感じました」

そう話す藤森選手から「僕にとって、こんな遠くまで来てサッカーが出来るのは、とても嬉しいことなんです!!」と笑顔がこぼれます。そして少し照れくさそうにしながら、帰り支度をしている仲間のもとへと戻っていきました。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

日独フットボール・アカデミー

Author:日独フットボール・アカデミー
日独フットボール・アカデミーはブンデスリーガの名門、SVヴェルダー・ブレーメンと提携、選手が世界で活躍するために必要な3つの要素、「パフォーマンス」「タフネス」「チャンス」を手にする為に必要な環境を備えたアカデミーです。

ホームページ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR