FC2ブログ

第4回 "ドイツらしさ=世界基準" (坂本健二)

初めまして。
日独フットボール・アカデミーの坂本です。アカデミーでは、現場での指導を担当します。

まずは3月18日に行われたブンデスリーガ第25節、ケルン対ヘルタ・ベルリンの試合における、開始早々6分に炸裂した日本代表FW大迫選手の驚異的な先制点をご覧ください。



見て頂ければわかると思いますが、シュートにおける「思いっきりの良さ」をきっと感じられたことと思います。私は 1998年よりドイツに居たため、大迫選手の鹿島アントラーズ時代を知りませんが、おそらくこのシュート感覚、ゴール嗅覚はドイツへ来てから培った、ないしは磨かれたものだと想像します。
ちなみに大迫選手と一緒に並んで撮らせてもらった下の写真は、ブンデスリーガ2部TSV1860ミュンヘンでの最後の練習のときのものです。この後すぐ、彼はケルンへ移籍しました。

大迫選手と並んで、TSV1860ミュンヘンにて
話を戻して、ゴールしたシュートのタイミングは『えっ、もう打っちゃうの?』という感じではなかったでしょうか?それも試合開始から、まだたったの6分という時点でのシュートでした。
奇をてらって打ったことは確かですが、闇雲に打ったのか?というと、それは違います。大迫選手は周りの状況を把握し、きちんとした判断を下して、シュート実行の決断に至っています。相手選手が寄ってこない(プレッシャーがなかった)。ボールをもらった状況とゴールまでの距離からして、誰もが(相手GKも含め)まだ今打つこと予測していないであろう。そして、その時ゴールできるシュートコースを、突如デジャヴゥのようにはっきりと見た。だから、試した。

もちろんこのゴールが成立した構成要素には 、素晴らしいシュートを支える確かな技術(ボールはブレているようです)と十分な威力を持ったボールをゴールへと送り込む体力が存在しているのは確かです。
ドイツのテレビ放送で実況していたアナウンサーは、「ボールが濡れていたこともあるし、何よりGKが (簡単に取れると)少し見くびっていたかも知れません」と、このゴールについて説明を付け加えています。
しかしこのゴールが生まれたのは、ゴールできるチャンス、タイミングを逃さなかったゴールへの「嗅覚」、それを支える「判断力」こそが、大きな決め手だったのではないでしょうか。


話は少し脱線するようですが、私はドイツに16年間住んでいました。私がドイツで真っ先に驚いたのは、壮年チーム(O32)の練習へ参加したときのことでした。「32歳以上」という年齢カテゴリーでしたが、実際に練習へ参加していたのは40歳以上も多く、50歳代の選手も何人もいました。
ドリブルではよろよろしているくせに、シュートはピチッとインステップに当て、矢のようなボールがゴールへ飛んでいきます。体育館での練習だったため、ゴールはハンドボールのゴールでしたが、驚いたのはシュートされたボール全てがその枠内へ飛んでいたことでした。
また、何の迷いもなくシュートを打つ決断へ至っていることに、とても驚かされました。『シュートチャンスだ』と思ったら、全員(私を除いて!)が即行、しかも結構強いボールを蹴っていることにびっくりしました。

まだドイツへ渡る前の1994年、ミュンヘンに完成したばかりのシュポルトシューレ・オーバーハッヒング(スポーツ研修施設)を視察に行った際に、幸運なことに現地で「日本サッカーの父」デットマー・クラマーさんとバッタリと出くわしました。カラー(白黒ではなく)で、しかも動くクラマーさん(写真でしか見たことがなかった)を見ることが叶い、この異国の地での偶然の出会いには、痛く感動しました。二つ目の写真が、その時に写したものです。

デットマー・クラマーさんと並んで、シュポルトシューレ・オーバーハッヒングにて

丁度我々が訪れたときには、芝生のグラウンドで試合が行われていました。対戦していたのは、千葉から遠征に来ている小学生のチームと、宿泊を伴いシュポルトシューレで開催されている「サッカーキャンプ」に参加しているドイツの子供達で作った即席チームでした 。
グラウンド脇から試合を見つめるクラマーさんが、我々日本人指導者に向かって「今日本チームがボールを保持して攻めているけど、ここで仮に彼らが今攻めているゴールを選手たちに内緒で(後ろへ引きずるなどして)フィールドから取り除いてしまって(ゴールを隠してしまって)も、ボールを持っている日本人選手たちはそのことに誰も気付かず、このままボールを回し続けるよ。(目標である)ゴールがなくなったことに気づき、プレーを中断する日本人選手はいない」と言いました。かつてクラマーさんがメキシコオリンピックを目指す、日本代表チームを指導している頃から指摘されている、日本人選手の特徴、弱点についてでしたが、クラマーさんから直接耳にして『今も、まだ同じなのか』とがっかりしたのをよく覚えています。


2015年10月に帰国してから日本のサッカーを見ていて感じるのは、「何となくのプレーの連続。感覚でプレーしていて、判断要素や判断基準が存在せず、決断を下さないままのプレーがあまりにも多い」ということです。
ブログのタイトルを「ドイツらしさ=世界基準」としました。今回例として挙げた大迫選手のゴールを生んだ判断力と勇気、繰り返しになりますが大迫選手がドイツへ行ったからこそ、身につけられた能力ではないかと思います。そしてそれはインターナショナルな試合でも、当然ながら必要とされるものです。

日本代表の試合においても、大迫選手はそのブンデスリーガで研ぎ澄まされた判断能力を携えているからこそ、所属先のクラブであるケルン同様に活躍できているのだと思います。つまり大迫選手はドイツへ渡り、「ドイツらしさ」を習得しましたが、と同時に「世界基準」を手に入れたのです。
ドイツ代表は2014年W杯ブラジル大会で優勝していて、現時点での世界チャンピオンです。ドイツ代表が強いということは、ブンデスリーガで身に付けたことは、世界で通用すると言えます。言い替えれば「ブンデスリーガは、世界基準でプレーされている」とも表現できます。

当アカデミーで実施するブレーメンへの遠征でアカデミー生たちには、是非この「ドイツらしさ」と出会ってもらいたい。そして、「世界基準」を身につけ、国際感覚を持った選手になってもらいたいと、スタッフ一同願っています。
アカデミーでは、判断を伴ったプレーを行える選手たちを育てたいと考えています。大迫選手のように確固たる判断の下、素晴らしいシュートを放ち、ゴールを破ることができる選手たちになれるよう、日々の指導を行っていきたいと思っています。
いつの日か欧州チャンピオンズリーグの舞台に立つ、アカデミーの卒業生を夢見て。

追伸
 当アカデミーにご興味を持たれたら、4月8日(土)に練習体験会(参加費:無料)を実施しますので、是非ご参加ください。詳しくは、こちらをクリックしてご覧ください。

練習体験会概要
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

日独フットボール・アカデミー

Author:日独フットボール・アカデミー
日独フットボール・アカデミーはブンデスリーガの名門、SVヴェルダー・ブレーメンと提携、選手が世界で活躍するために必要な3つの要素、「パフォーマンス」「タフネス」「チャンス」を手にする為に必要な環境を備えたアカデミーです。

ホームページ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR